hike奥多摩

棒ノ折山ハイク 2・26

「映画でも行く?」週末に公開されるお洒落なミュージカル映画を見に行きたい妻でしたが、「え、時間あるの?じゃあ山に行こう!山、ね、ね」と半ば強引に山行きが決定。いや心配すんなって、とっておきの場所があるんだよ。



八王子インターを降りて一時間もかからず到着した「わらさびの湯」山をおりたら温泉に入り奥多摩ランチという、軽さを前面に出した山歩きのプランに妻も納得のはずです。温泉に入れば利用できる広い駐車場ですが、我々以外の登山者がだれもいないのでちょっと不安。だれも歩いてないのかな。


岩石を積み上げたダムの墨堤を通り、のどかな朝の散歩からのスタートです。ああのどかで良かった。というのも実はこの日大きなミスをしてしまして…冬の山歩きにかかわらずアウタージャケットを忘れてしまいました。しかもそれが寒がりな妻のだから大変。仕方なく自分のジャケットを着せ事なきを得ましたが、一歩間違えれば「映画が良かった」と小石を蹴ってボヤく妻の後ろでおろおろする自分が目に浮かびます。笑

白谷沢登山口より林道を歩けば植林された里山らしい風景です。この時季に杉林を歩くのは花粉症が嫌なのですが、その日は不思議と大丈夫でした。なんて気を抜いていると後がヤバいのですよね~。


沢の音が近づき岩のトレイルに変わればそろそろアレが顔を出すはず。
『らくらく山さんぽ』という日帰りハイキングを紹介する本で見た一枚の写真。深山幽谷の雰囲気だという写真に驚き、それが埼玉にあるというのだから、なお驚いた。


沢を渡ると写真と同じ景色が飛び込んできた。ゴルジュである。
「どうだ!」我が物のように妻に自慢しながらも、見上げる岩の高さに写真の構図が合わず、後ろに下がる足がたよりない。実物のそれは雑誌の写真をゆうに超える迫力でした。


崩れないかと不安定に見える岩の下を通るのは何だか怖いのですが、この迫力をどうにか写真におさめようとカメラを構え、なかなか先に進めません。


登山道も完全に沢道となり、水に足をつけないよう丁寧に歩くのが何とも楽しい。夏にハーフパンツでバシャバシャ歩くのも良いかもです。



見事なゴルジュを振り返りこれより林道に戻ります。沢も越えたし、岩も登った、あと少しと地図を見ればまだ半分。標高1,000mに満たない山がどれだけ見せてくれんだって。北アルプスでも南アルプスでもない、この埼玉で
かわいい旅の手帖『らくらく山さんぽ』で胸躍らせた記述に偽りなし!


薄暗い谷から尾根に上がれば日の差し込む気持ちのいい道に変わります。横に並んで喋りながらのペースは楽で、ハイキングはこんな感じで歩くのがいいなと思いました。と、いうか一人じゃないのが何より楽しい(涙


ひとしきり荒れた階段を上げれば山頂に到着。山頂からは渋い奥武蔵の山々を手前に関東平野を見渡せる開けた広場のようなところです。風もなく平和なベンチでは皆さんランチの準備をしていて楽しそう。ってもうそんな時間?お昼は下山後の楽しみにしていたので、おやつに持って来たアンドーナツを半分ずつ食べて下山。それにしても、こんなうまいアンドーナツ食ったことないよ。


帰りは滝ノ平尾根からポカポカ陽気の尾根をのんびり歩いてきました。「かつ丼、ん~蕎麦かな?」なんて一球入魂の食事の事を考えながら「夜は何食う?」なんて食べる事ばかり。まあ夫婦で歩くのだからこんな感じが幸せなんですよね。
「どう、楽しかった?」
カナダの俳優が映画の中でみせる完璧なエスコートで妻に手を差し出しました。どうだ!

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

  1. こんにちは!
    映画ってあの有名なオサレ映画ですね!
    その要望を流して山に連れてっちゃうなんて
    beefさんの手腕ぶりを習いたい(笑)
    やはりソロよりデュオの方が
    あんドーナツも美味しくなりますよ(o´・ω・)´-ω-)ウン

  2. wishさん、こんにちは。
    はて、手腕なのか 「映画は雰囲気なのでナイトシアターで
    それで日中は軽くハイクね」 という感じ
    もちろん疲れて映画なんて無理なのですが。詐欺ですね
    ソロだとベンチに座りさえできず、なんか適当に歩きながら食ってます(涙

    • amarone
    • 2017年 3月 08日

    なんかいいですねぇー。こういうのしてみようかな、と思えるPOSTですね。

  3. amaroneさん、こんにちは。
    低いながらも色々と凝縮された楽しい山で、微妙に1000mに達しないあたりも絶妙です。
    次は1000越えという、妻の目標もできました。
    おすすめで~す(^^

  4. はじめまして。
    いつも拝見させて頂いてます。
    棒ノ折山、一度、高水山側から縦走しました。
    確かに沢のイメージが強いので夏場は特に気持ち良さそうですね。
    ただ、秋口に行った時は山頂には小蝿が多くとても食事できないほどでした。
    いがいと今の時期がベストシーズンかもですw
    下山後に温泉入れのもポイント高いですよね^_^

  5. CISCOさん、こんにちは。
    なんとなく来た道を帰る山のイメージでしたが、今地図を見たらガッチリ雲取山までつながっているのですね(あたりまえか)なんかワクワクするかも。
    あらら、せっかくのランチで小蝿ですかそれは残念、そうなるとたしかに今がベストシーズンですね
    ただし、なかなかの花粉ですぞ〜。笑

ENTRY RACE LIST/COUNTDOWN

御前山トレイルラン大会 11/4 ▶HP

カウントダウンタイマー
 

南アルプスマウンテンマラソン 11/18 ▶HP

カウントダウンタイマー
 

トレラン益子 12/8 ▶HP

カウントダウンタイマー
 

富士忍野高原トレイルレース ロング 6/3 ▶HP

カウントダウンタイマー

北丹沢12時間山岳耐久レース 7/8 ▶HP

カウントダウンタイマー

上州武尊山スカイビュートレイル 9/23 ▶HP

カウントダウンタイマー

最近の記事

  1. ETC.

    利根川ゆうゆう公園にて、スー初張り!デイキャンプ
  2. camp2014

    大人の夏休み 後編【小野川湖畔の家キャンプ場】
  3. trail-runing

    御前山トレイルラン大会
  4. camp2013

    アリーサマーのカヌーキャンプそこはアメリカでした。オートキャンパーズエリアならま…
  5. canoe

    カヌ練文化の日
PAGE TOP